卒業検定1
第1問
龍岡城五稜郭の星形の頂点から隣の頂点までの長さはおよそ何メートルあるか。
約50メートル

約100メートル

約150メートル

約200メートル
第2問
龍岡城五稜郭の周りは石垣でできている。石垣の内側(土手側)の長さはおよそ何メートルか。
   約300メートル

約500メートル

約800メートル

約1000メートル
第3問
龍岡城五稜郭の堀は周囲全体の五分の三の長さしか造られていない。その主な理由は何であると言われているか。
   最初から作る予定がなかった。

石垣を作る石が足りなくなった。

お堀に入れる水がなくなった。

お堀を作るお金と時間がなかった。
第4問
五稜郭の石垣にはいろいろな積み方がある。次の積み方をそれぞれ何というか。□の中から選びなさい。
左の石垣野面積み亀甲積み布積み

中の石垣野面積み亀甲積み布積み

右の石垣野面積み亀甲積み布積み

野面(のづら)、亀甲(きっこう)、布(ぬの)
第5問
五稜郭の石垣の上部は板状の石が外側にせり出している(写真)この部分をなんというか。 このようになっている理由
    
第6問
五稜郭の石垣の上部は土が積み上げられ(写真)人が歩けるようになっている。これを何というか。      このようになっている理由
         
第7問
廃(はい)藩(はん)後、五稜郭が国の史跡に指定されるまでお堀は埋められていたが、そこはどのようになっていたか。

@全く利用されていなかった。

A主に水田として利用していた。

B主に桑畑として利用していた。

C大部分が沼地になっていた。
第8問
五稜郭のモデルとなった城がフランスのリール市にある。大砲を用いた戦争に有利といわれるこのような城郭を発案した築城家は誰か。    

      

五稜郭のモデルとなったといわれる城郭
第9問
昭和7年に五稜郭の堀を元通りにしようと地元の人達が立ち上がり、村人の力を借りて復元しました。この時に活躍した人はだれか。
第10問
五稜郭が国の史跡に指定されたのはいつか。




@明治8年

A昭和4年

B昭和9年

C昭和49年
第11問
大手橋の下の堀にはに水生植物を植えてあるが、何という植物か。 
         
第12問
五稜郭が廃(はい)城(じよう)となった時、城内の建物は地元の人々が買って移(い)築(ちく)したり、再利用したりした。次の写真は五稜郭では何に使われていた建物か下のア〜エの中から選びなさい。
@ 落合 時宗寺               A 田口小 校地内               B 田口宮代 丸山邸           C 野沢 成田山
      
                                                                  
  ア 東通用門           イ  大広間         ウ  台所           エ  薬医門
第13問
五稜郭保存会について答えましょう。
(1) 五稜郭保存会が作られたのは何年か。   
(2)「であいの館」に交替で来て、全国各地から五稜郭を訪ねてくる人たちに案内をしているボランティアはおよそ何人か。