6年
第1問
乗謨(のりかた)の松平家は徳川家康より5代前に分家した徳川一族で、代々奥殿に本領を置く江戸幕府の譜代大名であった。
奥殿について調べましょう。
(1) 奥殿藩のある地方は江戸時代になんと呼ばれる国だったか。 
(2) 奥殿藩の陣屋についてインターネットで調べましょう。
第2問
松平乗謨が藩主であった奥殿藩は奥殿と佐久に領地があった。それぞれの領地の石高(こくだか)について調べましょう。
(1)奥殿     
(2)信州佐久  石 
第3問
松平乗謨が西洋式の城郭を作りたいと考えるようになったのにはいくつかの理由がある。それは何か。
(1) 学んだ語学から             
(2) 戦い方(武器)の変化から      
(3) 龍岡城五稜郭は戦争のために造ったのではない。何のために造ったものか。また、それがどこからわかるか
第4問
松平乗謨は江戸幕府の譜代大名として幕末の混乱期に幕府の要職に就いた。
乗謨の就いた役職について調べてみましょう。
(1) 文久3年1月 (1862)     
(2) 文久3年5月 (1862)   
元治元年12月 奥殿藩の本領が信州に移転
(3) 慶応元年   (1865)   
(4) 慶応2年12月(1866)     
(5) 慶応3年12月(1867)   
第5問
松平乗謨の出身地の奥殿ではなく、臼田に龍岡城五稜郭を造った理由がいくつかある。それはなにか予想し、調べましょう。
予想
調べた結果
第6問
慶応3年、五稜郭が一応完成した。西暦でいうと何年か。   年 今から  年前
また、この年の前後に江戸ではどんな出来事が起こったか調べましょう。
@ 慶応2年 8月 15代将軍慶喜就任
A 慶応3年10月
B 慶応3年12月 王政復興大号令
C 慶応4年 4月 江戸城無血開城
D 慶応4年 5月 戦争
E 慶応4年 9月 明治元年となる
第7問
次の出来事は龍岡城五稜郭の幕末に関わる事柄である。順番を調べて並べてみましょう。
(ア) 田野口藩を龍岡藩と改める
(イ) 北越出兵軍凱旋
(ウ) 老中を辞任し姓を大給と改姓
(エ) 新政府の命令に応じる形で北越出兵
(オ) 戊辰戦争を契機に陸軍総裁職を辞任
(カ) 15代将軍徳川慶喜大政奉還
(キ) 信濃に帰国し謹慎
慶応3年10月 慶応4年1月 慶応4年2月 慶応4年3月  慶応4年4月 慶応4年5月 明治元年10月
 →
第8問
慶応4年4月に新政府の命令に応じる形で龍岡藩の家臣が長岡の北越戦争で官軍として幕府軍と戦った。
幕府側と倒幕側とに分かれて官軍として闘うに至った藩士の議論を再現してみよう。
(1) 幕府軍として戦う意味
(2) 官軍として戦う意味
第9問
明治10年に西郷隆盛が盟主になって起こした西南戦争のときに、博愛社が設立された。このことについて調べましょう。
(1) 西南戦争は何のための戦いか      
(2) 博愛社を設立したのは誰か     
(3) 博愛社の願いや目的は何か
第10問
博愛社のモデルとなった赤十字社について調べましょう。
(1) 赤十字社を創設した人は誰か。          
(2) 赤十字社を作るきっかけになったことについて調べよう。
※ 赤十字と同じ願いを持って活動している「新月社」という団体についても調べよう。